リフォームをした事で生活も変わったと思う事

New Topics
リフォームをした事で生活も変わったと思う事

2年ぶりに実家に帰った時…

40歳 女性の場合
2年ぶりに実家に帰った時、家の中が少し変化しているのに気が付きました。
それは階段や廊下などに手すりがつけられていて、更には玄関の入り口にあった段差に板を取り付けて、平らな状態にしてありました。

家にはもうすぐ90歳を迎える祖母がいるのですが、足腰はまだ丈夫で、一人で行動することができます。
しかし、そうは言っても若い時と同じように素早く動けるわけではないので、祖母の行動をサポートするために、少しだけ家の中を老人向けにリフォームしたようでした。

それを見た時、「こういうのを見ると、うちもやはり介護は他人事ではないな」としみじみ思ったのですが、このような配慮をしながら支えあっていくのも、家族の役目であるとも思いました。

しかし、実際手すりや段差のない玄関などは、私のような年代の人間からしても使ってみると「楽でいいな」と思うことがあります。若いうちから介護を目的とした、補助的なツールに頼ってしまうのは良くない面もあるかと思いますが、どうすれば人間が行動する時の負担を軽くできるのかと考えるには、実際使ってみて体験するのが早いように思いました。

これからも、家では介護仕様のリフォームを少しずつ進めていくようなので、私もしっかり勉強しておきたいと思います。